クレジットカード現金化は個人情報は不要でしょ?

クレジットカード現金化では個人情報は無という訳にはいかない

現金化個人情報

クレジットカード現金化で必要な物といえば、当然ショッピング枠残高があるカードが不可欠となりますが、それ以外にも個人情報も必要になります。必要な個人情報といっても、身分証明書を確認する程度のもので、クレジットカードには所有者のことがわかる情報が記載されておりますので、ご本人様からの申出なのか確認するのです。例えば、「カトウ アキラ」というお名前を聞くと大半の方が男性名義と判断いたしますが、実際は女性ということもあり得ますので、運転免許証か保険証を提示してもらえれば性別が判断できます。最低限の確認事項は致しますので、クレジットカード現金化では個人情報は無というわけにはいきません。何一つ個人情報を教えられないという方は、かえって現金化業者に不審者と判断されてしまいがちで取引ができないと思われます。

 


他人が使ってしまう場合もあり得る

他人が使ってしまう場合

クレジットカード現金化では個人情報が必要となる訳は他人が使ってしまう場合もあり得るからです。来店型となれば対面となりますが、大半の現金化業者との取引のやり取りは電話かメールとなりますのでお互い顔が分かりませんので「加藤 晶」さんという女性が男性名義の「加藤 明」のクレジットカードを使って現金化ができてしまいます。また、「加藤 晶」さんは「カトウ ヒカリ」さんとも読める為、最低限身分証明書が必要となるのです。これが、成立してしまうと不正利用が簡単にできてしまいますので、個人情報は不要という訳にはいきません。現金化業者は何が何でも不正利用の取引だけは避けたいので、個人情報はある程度収集しますので身分証明以外にも確認事項はあります。


個人情報を伝える内容は異なる

個人情報_異なる

クレジットカード現金化ではキャッシュバック方式での取引は、後日利用者のご自宅もしくは指定先へ商品を配送しなければなりませんのでお住まいを身分証明証以外にご自宅に届きます公的な郵便物を確認させてもらうことがあります。その他にも、クレジットカード現金化では全く関係のないことであろう勤め先を確認することもあるようで、在籍確認をする現金化業者もあるようですので、無職の方では取引に応じてはくれないこともあるようです。また、専業主婦の方が申し込まれた場合はご主人様のお勤め先を聞き出し在籍確認をすることもあります。また緊急連絡先等聞かれた場合は間違いなく悪質現金化サイトの可能性もあるので取引には応じないでください。クレジットカード現金化の手続き自体は非常に簡単ですが、取引までにたどり着くのはやすやすとはいきません。現金化業者によって個人情報を伝える内容は異なってきます。

 

>>クレジットカード現金化比較|30社から厳選6社を体験レポート TOPページに戻る


クレジットカード現金化比較をするならこちらがオススメ!

優良店総合ランキングとは?

30社を超える現金化業者の中から、
  • 高換金率
  • 即日振込
  • 24時間対応
  • 口コミ評判
といった面で選別し、優良店のみを掲載した総合ランキングです。
たった5分で現金化業者の比較ができますので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード現金化比較ランキングBEST6

トップへ戻る