クレジットカード現金化を断られて利用できない人とは

クレジットカード現金化の申し込みを断られる人とは-知っておきたい断られる理由

 

何かサービスを利用する時、お店だったり企業だったりとサービスを提供する運営者と契約を結び利用ができます。

 

今はサービスやモノが溢れている時代ですから利用者がどこので契約するか選べることが多いのですし、クレジットカードの現金化サービスも同じことが言えます。

 

しかしいくら利用者が選ぶからと言っても必ず利用できるとは限りませんし、中には現金化業者から利用を断られてしまうこともあります。

 

その理由として挙げられるのが

  • 面倒くさい人
  • 現金化を悪用しようとしている人
  • 業者が定めるルールに反している人

飲食店でも同じことがいえますがあまりにも迷惑を掛ける方は出禁になってしまいます。

 

もちろんなるべくどなたにも利用していただきたいと業者も考えますから余程のことがない限りは断られることはないのですが冷やかしと思われたり、あまりにも横柄な態度を取ってしまうと業者も取引を見送ることがあります。

 

交渉するときもとんでもない交渉の仕方をすると業者も利用する気がないと思い軽くあしらわれてしまうかもしれません。

 

そして現金化サービスを悪用しようとしている人も契約を断られます。

 

例えば、他人名義のクレジットカードの利用が挙げられますが、業者も契約をして利用してもらえればなんでも良いというわけではありません。

 

他人の名義と知りながらクレジットカードを決済させてしまうと不正利用の片棒を担がされてしますので業者は他人名義のクレジットカードで現金化すると分かれば申し込みを断ってくるでしょう。

 

たとえ家族名義のクレジットカードであってもそれは変わりません。もし家族名義のカードを使うのであればカード名義の本人が申し込みをしないといけません。

 

また業者の中には振り込み口座が申込人と違う場合も断ってくることがあります。

 

色々理由はありますが原則申込人の口座名義に振り込むことが多いです。

交渉のつもりが冷やかしだと思われた事例

冷やかしだと思われた事例

クレジットカード現金化を何度か利用したことがある方はご存知かも知りませんが交渉次第では換金率を優遇されることがあります。

 

こう聞くと少しでもいい条件にしたくなると思いますが交渉は仕方が大事です。

 

あまり自分の条件を突き通そうとすると全然意見が通らずに現金化すらできなくなってしまします。

 

これからお話する内容は実際に交渉をしてるつもりが冷やかしと思われて現金化業者の方から利用を断ったという事例になります。

 

もちろん換金率は1%でも高いことにこしたことはありませんから現金化業者に交渉を持ちかけるときには要求を聞いてもらえるようにすることが大事です。

 

現金化業者も一人でも多く利用者を増やしたいことは間違いありません。

 

現金化を断られた方は冷やかしと思われた

クレジットカード現金化を初めて利用する時インターネットで下調べをする方は多いと思いますがあまり良くわからないままネットの情報を実践してしまう方がいらっしゃいます。

 

例えば交渉次第では換金率がアップするなどという内容を鵜呑みにしてしまい現金化業者に交渉してみた結果換金率が上がるどころか申込みを断れてしまったという事例があります。

 

この方の場合何がいけなかたのでしょうか?

 

断られてしまった方の言い分としてはどうしても明日までには30万円欲しいけどショッピング枠が35万円しかなく、どうにか90%で現金化したいと言うことでした。

 

しかしクレジットカード現金化の換金率の相場は70~80%ですので実際に90%は不可能な数値になります。

 

それでもこの方は頑なに交渉を続けました。

 

業者の説明にも聞く耳を持たずひたすら換金率の交渉をした結果、業者から「うちではお取引できない内容なので他を探された方がよろしいのでは」と言われました。

 

終わりの見えないやり取りに嫌気を差した担当者がさじを投げてしまったのです。

 

普通では断られることなんて考えられない出来事かもしれませんが、度重なる説明と色々な提案をしても何度も同じ事を聞いてきたり自分の提案を譲歩する形を取らなかったため業者も担当者もあきらめてしまったのでしょう。

 

交渉とはお互いの歩み寄りであり、一方の意見だけ押し通そうとしても成立することはなかなか難しいと言うことです。

 

多くの業者ではネットに90%以上って書いてあるがそれは最大値での換金率ですと説明しますがはじめに問い合わせたところでは納得できず2件目に問い合わせます。

 

2件目でも同じことを言われて初めて90%は無理なのかもしれないと気付くのです。

 

業者の選定に慎重になることは何も悪いことではありませんがあまりに無理な要求をしすぎてもいつまでたっても現金化できないままになってしまいます。

 

現金化業者を換金率で選ぶのであればある程度の相場を理解しておいたほうが交渉にも役立ちますし、とんでもない低い換金率で契約することがなくなります。


現金化業者から指摘されて詐欺被害に合わずに済んだ事例

詐欺被害に遭いそうになった女性

断られた人の中には振り込め詐欺に引っかかってしまい現金を捻出するために現金化を利用しようとしたかたもいたようで、申込み人と振込口座が違うため聞いた所振り込め詐欺と発覚しました。

 

クレジットカード現金化は誰にもバレずに金策したい人にはうってつけの方法ではありますがそれを悪用した詐欺組織には注意が必要です。

 

よくある劇場型の振り込め詐欺などは家族にバレたくない理由を並べてうまいように知らない人の口座に振込をさせます。

 

例えば、会社のお金をなくしたや、交通事故で示談金を払わないといけないなど指定口座が誰でも良いような設定で親に知られたくないので祖母に頼み込むなどがあります。

 

この事例では申込みの時点で銀行口座を持っていないという問い合わせから孫の口座に振り込んで欲しいという内容でしたので本当に孫かどうか問いただしたろころ騙されている事が発覚しました。

 

現金化業者も利用してもらえれば何度も良いわけでは無くしっかりしたところは犯罪の片棒を担ぐことはしません。


クレジットカード現金化の申込みを断られた人の体験談

現金化を断られた男性

<福岡県・32歳・男性>

 

カードの支払ができなくなりそうで何かいい方法はないかネットで探していた時クレジットカード現金化を知りました。
消費者金融の借金が何社か残っていて払いながら現金が足りない時はクレジットカードのキャッシングを利用していましたが、ギャンブルとお酒が原因で支払いがままならなくなってショッピング枠が利用できるクレジットカード現金化を利用しようと思いました。
すぐに現金が必要で急いでいたのもあったので即日振込で対応してくれる審査がないこの方法はもってこいと思い、早速問い合わせをしてみたのですがサイトの90%で現金化をしてくれるところがまったくなく、問い合わせる所すべて75%前後でした。
正直必要な金額全然足りなかったので少しでも換金率を高くしたくて必死に交渉して見ましたけど良くても2,3%しか上がりませんでした。
そしてそれ以上交渉すると他の業者当たって下さいと断らてしまうことも有りました。
切羽詰まっていてイライラしていたのもあったのかもしれないのでかなり横柄な問い合わせをした気もします。
口コミで対応の良い現金化業者ですらその条件では無理とはっきり断られましたので…
今になって思うのはもう少し担当者の言うことも聞けばよかったと思うことです。
何故かと言うと最終的に契約した業者が詐欺業者で30万利用しても15%くらいしか振込まれなかったからです。
検索画面の一番上にあったサイトなので何も疑わずに表記されている96%の換金率でできるものとばかり思っていましたが甘かったです。
金策のつもりが大幅に借金が増えてしまった形になってしまったので今思えばもう少し優良店と言われている業者さんの言うことを聞いておけばよかったのかと後悔しています。
今でも一番最初に問い合わせた業者の担当者さんが言っていたこと思い出します。
「そこまで換金率にこだわっていると騙される可能性がありますよ」、「相場は大体決まっているのでそこをご理解いただけますか?」、「そこまで90%以上にこだわるのであれば申し訳ありませんが当店ではお取引できません」。
冷静に考えれば現金化業者の方から断ると言うのは相当なことだと思いました。
その時気づけていれば悪徳業者を利用せずに済んだのにと後悔ばかりです。

元現金化業者が語るこんな人は契約をしたくない3選

元現金化業者
現金化の業者と言っても真面目にやってるところもあれば詐欺みたいなところホントピンきりなんですよね。
私がやっていたところは比較的優良と言えるところでしたけど取引する時にするかしないかは正直選んでましたね。
もちろん断るなんてことは稀ですけどたまにいましたよ絶対に関わりたくない感じの人。
正直利用してもらわないと利益でないですから間口は広くしていますけど運営側も変な犯罪に巻き込まれたくないですし、他人名義で申し込んでくる人なんかはどこでカード拾って来たのかなって思いますよ。
申し込みしてくる時はそれっぽい事言ってくるんですけど結局めくれて辻褄が合わなくなったりするんでそんな時は断りますね。
その他にも断った経験は何件も有りますけど大体3つに別れますね。

  1. 旦那のカードを使おうとする嫁
  2. 振込口座の名義が申し込み人と違う人
  3. 何したいんだかわからない人

旦那のカードを使って現金化する主婦って意外に多いんです。
大抵が了承済みかどうか聞くと大丈夫だっていうんです。
私も過去に1回だけひどい目に遭いましたけど了承なんて取ってないこともあるんですよ。
私が担当した方なんてはじめは大丈夫といっておきながら数日後旦那から電話かかってきて面倒になりましたからね。
うちの嫁騙しただろって。。。嫁は勝手に決済されただの何だのってわけわかんないこと言うし、人って信用できないなって思いましたよ、ほんとに。
それ以来申込人と利用するカードは名義が一意しない限りは断りましたね。
振込口座が申し込み人と違う場合もアウトです。断ります。
その人に振り込みたいなら自分で振り込めばいいし詐欺られてる可能性もあるからノータイムでことわりますよ。
あとは何したいんだかわからない人は…話してても聞かない、質問ばかり、ものすごく横柄、こちらの質問は聞かない、自分の要求ばかりなどなど…不安なのは分かるし初めてで何するかもわからないこともわかりますよ、、、
でも話聞かないとわからないこともあるじゃないですか。
全部の業者がこう思っているかはわかりませんけどいい線言ってると思いますよ。
現金化業者は大手のサービス業とは違いますし結構人選んだりするんじゃないですかね。
現金化業者が断るなんて3ヶ月に1度あるくらいなのでほんとまれですよ。

 

>>クレジットカード現金化比較|30社から厳選6社を体験レポート TOPページに戻る

クレジットカード現金化比較をするならこちらがオススメ!

優良店総合ランキングとは?

30社を超える現金化業者の中から、
  • 高換金率
  • 即日振込
  • 24時間対応
  • 口コミ評判
といった面で選別し、優良店のみを掲載した総合ランキングです。
たった5分で現金化業者の比較ができますので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード現金化比較ランキングBEST6

トップへ戻る