クレジットカード現金化は規約違反だけどへっちゃら

現金化目的の買い物はしてはいけないことは知ってた?

現金化目的はだめなことに驚く女性

お金に困ったときの金策は色々ありますが、消費者金融での借り入れは現在非常に難しくなっています。

 

総量規制が執行された為、審査が厳しくなっており融資を受けられたとしても月収の3分の1までとなっており思ったようにお金が借りられません。

 

専業主婦やフリーターの方ですと、間違いなく金融機関での審査は通らないので資金調達を断念せざるをえない状態になってしまいますが、改善の余地はあります。

 

そこで、活用をおすすめするのがクレジットカード現金化です。

 

クレジットカード現金化は、審査不要の誰でもできる資金策として使われるようになりました。

 

サラ金の申込みをしてお金を借りることができなかった方でも、クレジットカードをお持ちの方は多いので現金化をしてしまうのが手っ取り早いです。

 

専業主婦の方でも、結婚される前はお仕事をしていたでしょうから、クレジットカードを持っていたという方もいると思います。

 

フリーターや学生の方でも作りやすいクレジットカードはありますので、お持ちの方もいらっしゃることでしょう。

 

男女、収入関係なくクレジットカード現金化を利用される人数は、どの資金策よりも随一だと思われますが、現金化目的の買い物はしてはいけないとことは知っていましたか?

 


規約違反を犯しているから

現金化規約違反に気づいた男性

そもそもクレジットカード現金化は、カード会社への規約違反を犯しているから、本来はやってはいけない資金策なのです。

 

しかし、違法性に問われることがなく他の金策ができない方が多いので消費者が増えている状態です。

 

クレジットカードの規約違反は現金化を目的とした使用だけではなく他にもあります。

 

クレジットカードの裏面には書名欄がありますが、ご自信の名前を書かれていない方が多く、これも規約違反でカード所有者は必ずサインをしなければなりません。

 

また、お引越しをした場合、お住まいや連絡先、勤務先が変わったのであればカード会社に申告をしないことも規約違反です。

 

契約書を渡されても字数が多いので、ちゃんと読まれている人は僅かしかいないでしょうけれども、以上はカード会社と契約する際の規約となっています。


お金の為なら規約違反でも現金化をする人達

規約違反でも現金化をする人達

カード会社の規約を全て把握されている方は恐らく少ないと思われ、ルールをちゃんと守ってクレジットカードを使っている方は少ないでしょう。

 

結局のところ、クレジットカード現金化は規約に対して一番やってはいけないことですが、バレなきゃ良いとういう考えの方も多くいるかと思います。

 

通常のショッピングをするだけですから、使用目的まではカード会社が把握できません。

 

しかし、銀行が発行元のクレジットカードで換金性の高い商品を購入する場合は、使用目的が現金化でなくても決済の認証をしないことがあります。

 

決済が承認されても、後日カード会社から連絡され使用目的を聞かれるだなんてことがある場合は、現金化目的と疑われていますので何かしらのペナルティが与えられてしまうことでしょう。

 

>>クレジットカード現金化比較|30社から厳選6社を体験レポート TOPページに戻る


クレジットカード現金化比較をするならこちらがオススメ!

優良店総合ランキングとは?

30社を超える現金化業者の中から、
  • 高換金率
  • 即日振込
  • 24時間対応
  • 口コミ評判
といった面で選別し、優良店のみを掲載した総合ランキングです。
たった5分で現金化業者の比較ができますので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード現金化比較ランキングBEST6

トップへ戻る