クレジットカード現金化の仕組みについて

MENU

クレジットカードで現金が調達できる

クレジットカードで現金を手に入れる女性

クレジットカードがあれば支払いの時に現金が無くても商品を購入できますし、ネット通販の時は代引き手数料を払う必要がありません。例えば、どうしても欲しかった好きなブランド品を買いたいけど一度に大きな出費ができない時はクレジットカードを利用することで支払いを分割できるので無理なく買い物ができます。クレジットカードはとても便利で手元に現金がなくてもショッピングができますが、買い物だけでは無くクレジットカードで現金を調達できることをご存知ですか?クレジットカードで現金を借りるならキャシングと思った方は残念ながらハズレです。クレジットカード現金化は今説明していたような買い物をする時の使うショッピング枠を利用した資金調達方法なのでそもそもお金を借りるということにはなりません。クレジットカードにキャシング機能がない方やキャッシング枠がいっぱいの方でも使えますので最近では利用者が急増している資金調達方法なのです。どうしてもお金が必要な時は消費者金融を利用するという選択もありますが信用情報に履歴が残ってしまいますがクレジットカード現金化はその心配はありません。また身内や知人から借りるという方法もありますが人間関係もありますしなかなかお金に関しての相談がしづらいのは誰もが思うことではないでしょうか。クレジットカード現金化はショッピング枠を利用することによって審査が不要で数十万、枠次第では数百万と現金を調達することができます。利用方法を正しく理解して行えば現金が必要なときこれほど心強い金策ほかには無く、とても便利な方法となります。


クレジットカード現金化の仕組みについて

クレジットカード現金化の仕組みの説明

クレジットカード現金化を行うには2つの方法が存在します。自分でやる方法と現金化サービスを行う業者を利用する方法です。自分で現金化を行う場合は、高く換金できる商品を購入して買取専門店で売る方法があります。例えば、携帯電話、ブランド品、パソコン、金券類などになります。現金化業者を利用する場合は問い合わせをしてその業者の指定するキャッシュバック特典付き商品を購入してキャッシュバックを受け取る方法となります。購入商品は業者によって様々です。それぞれの現金化の仕組みについて詳しく見ていきましょう。

 

 

自分で現金化する場合

自分で現金化する

自分でする現金化には業者を利用した時に引かれる手数料は発生しません。また悪徳業者に騙される恐れもないので低い換金率で現金化してしまう心配はありません。高換金率の商品を自分で探したり、それを売却するために店頭へ出向く手間はありますが換金率を高めるには良い方法と言えます。しかしクレジットカードを換金目的で使用する事をカード会社は規約で禁止しています。現金化の疑いが掛けられれば一時的に利用停止になる事もありますし、現金化の事実を否定できる証拠が無ければ規約違反となり利用代金の一括請求、強制退会など厳しい措置を取られてしまいます。このことから専門的な知識もなく自分で現金化をするのはリスクがかなり高く中途半端に行なわないほうが良いと言えます。

現金化サービスを利用する場合

現金化サービスを行う業者

現金化サービスを利用する場合、グレーゾーンであることから心配になりますが極めて違法性は低く利用者が逮捕されたりする事は過去一度もありません。優良店を選んで現金化が出来れば高い換金率で現金を手にすることができます。例えば換金率が92%の業者であれば15万円の利用で138,000円の現金を受け取ることができます。インターネットで「現金化 比較」や「現金化 口コミ」、「ショッピング枠現金化」などで検索すると現金化の専門業者を紹介するサイトや現金化サービスについてのサイトが沢山調べられます。もちろん当サイトでもイチ押し厳選6社をご紹介しております。


クレジットカード現金化のメリット・デメリット

メリット・デメリット

クレジットカードのショッピング枠を現金化することはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

クレジットカード現金化はカードの利用停止になったり、悪質な金融業者がやっている違法行為であるなどマイナスイメージがあるので利用すら考えていない人も多いと思います。しかしメリットとデメリットをちゃんと知ればクレジットカード現金化も決して悪くない金策であるということがわかると思います。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化のメリット

  1. 審査がない
  2. 即日現金を受け取れる
  3. 手軽に利用できる
  4. 返済方法が選べる

クレジットカード現金化をするメリットで一番大きなメリットは審査がないということです。カードローンでも消費者金融でもお金を借りるときには必ず審査があるものです。貸す側からすれば返してくれるのかが一番重要な部分ですから返済能力があるのかどうか審査をしてから融資します。いくら返す意志があっても貸す側の審査に通らなければ融資は行なえません。また審査には収入を証明する物が必要になりますので証明ができない人は借り入れが不可能となります。金融法改正前であれば消費者金融で即日融資が可能でしたし、収入の証明ができない主婦や学生でも融資を受けることができました。しかし法改正後は主婦も学生も融資を受けることはできません。収入の証明ができたとしても審査が以前よりも厳しくなっているので落とされる事も十分にあります。その点クレジットカード現金化なら審査がないのでクレジットカード1枚あれば誰でも利用ができます。
即日現金が受け取れるのも大きなメリットです。最近でこそ即日融資を謳う消費者金融やカードローンもありますが審査がある上提出する書類もたくさんあるのでその日のうちに振込までこぎつけることが非常に難しいといえます。
手軽さも大きなメリットです。クレジットカード現金化なら携帯・スマホから全国どこからでも利用ができます。わざわざ店舗に出向く必要がありません。時間の取りづらい忙しい方でも空いた時間にパッと申し込みができて空いた時間に利用することができます。
返済方法も状況に合わせて一括、分割、リボなど選べますので無理なくりようすることができます。

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化は金策としては非常に便利で使いが手のよい方法ですがメリットばかりに気を取られデメリットを理解していないと思いもよらないトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。一番大きなデメリットは詐欺に遭う可能性が挙げられます。クレジットカード現金化を利用する人が近年急増していることに伴い現金化業者もまた急増しています。しっかりと運営がされている業者がほとんどではありますが少なからず利用者を陥れて現金を奪っていく業者も存在しています。クレジットカードを利用して決済が終ったにも関わらず待てど暮せど一向に現金を振り込んでこない業者や振込を数回に分けて少額しか振込まない業者、利用者のカード情報を盗み取る業者などに詐欺被害を受けた方が少なからずいます。このことから業者の選び方が非常に大事になってきます。詐欺被害の他にも手数料やキャンセル料など高額に請求してくる業者など申し込みの時点では全く聞いていなかった項目を請求される被害も報告があります。


現金サービスの仕組み | 3者の関係と流れ

クレジットカード現金化の仕組みの関係図

  1. ショッピング枠の残高確認
  2. 現金化業者へ申し込み
  3. クレジット決済
  4. キャッシュバック
  5. 商品の発送
  6. 支払い

クレジットカード現金化は利用者と現金化業者、カード会社の3者間で成り立つ仕組みになっています。現金化の仕組みの関係図をご覧いただけるとわかりやすいと思います。業者を利用した現金化サービスの流れはショッピング枠の残高を確認するところから始まります。残高が不足しているのにも関わらず何度も決済を掛けると不正な利用を疑われてしまいます。現金化業者への申し込みは電話かメールフォームからのできますが、メールから申込んだほうがスムーズに手続きができます。数分で担当者から折り返しの電話が入りますので本人確認や利用金額、振込先などを伝えて指定商品をクレジット決済します。決済の確認が取れ次第利用者の口座にキャッシュバックされます。その後は業者から発送された商品を受取り、期日にカード会社へ支払をする流れになります。

現金化の申し込みの流れ

現金化の申し込みの流れ

実際の申し込みの流れはどのような手続きになるのでしょうか。とても簡単な手続きなのでサクッと確認してみましょう。クレジットカード現金化の申し込みは現金化業者のサイトからWEBからの申し込みが一般的です。必要事項を記入して送信するところから申し込みが始まります。

申し込み

現金化業者への申し込みは現金化業者が運営するサイトからするのですが電話かメールフォームでおこないます。申し込みの際の記入事項は氏名、住所、連絡先、利用額、連絡希望時間などになります。カード情報を記入する項目がある場合は悪質業者の可能性が高いので利用は控えるようにしましょう。安易にクレジットカードの情報を第三者に教えてしまうと悪用される危険性がありますのでくれぐれも注意が必要です。

確認の電話

メールフォームを送信すると数分後に担当者から申し込みの確認電話がきます。そこで現金化の流れ、換金率、振込先などを話します。クレジットカード現金化を初めて利用する方にとっては様々な疑問をお持ちの方もいると思います。優良店であれば細かく質問にも答えてくれますし納得できるまで相談できるので利用するしないをそこで判断しても良いと思います。

本人確認

クレジットカード現金化では身分証を提示して本人確認を行いますが直接対面しているわけではないので携帯で撮影した免許証などの画像をメールで送信します。確認する証明証として好ましいものは顔写真が付いているものになります。申し込み人とクレジットカードの名義人が一致しないと不正利用と見なされ利用できませんので本人確認はどの業者でも必ずおこないます。審査などはないので勤務先や年収、借入状況などは一切聞かれませんし現金の使用用途なども聞かれることはありませんのでご安心下さい。

クレジット決済(商品購入)

本人確認が済むと利用金額に応じたキャッシュバック特典付き商品を指定してきますのでそれをクレジットカードで購入する事になります。

指定口座への振込

指定商品を購入後、決済の確認が取れ次第あらかじめ伝えていた口座に振込がされます。早いところでは最短5分でできるくらい入金まで時間は取りません。ただしすぐに振込がされるのは銀行が営業している9~15時の間に限られ、それ以外の時間はそれぞれの業者が対応する24時間振込可能な銀行口座を持っているかに左右されます。15時以降の入金になりそうなら一度24時間入金確認が取れる口座を確認することをおすすめします。また24時間対応口座であれば土日祝日でも入金確認が即日できるので便利です。

商品の受取り

現金化で注意していただきたいのが商品を受け取らないことです。受取をしなければクレジットカードを換金目的に利用したと見なされてしまいますので万が一確認された時言い逃れができません。面倒であっても必ず商品は受け取ったほうが良いでしょう。

 

申し込みの流れで分かることは身分証を提示して担当者と利用金額や換金率について確認して指定商品を購入するだけと非常に簡単なことがわかります。キャッシュバック方式の流れをまとめてみましたが、買取方式は購入商品を買い取ってもらって現金化というただそれだけの違いになります。クレジットカード現金化は審査が無い分早ければ本当に5分程で振込されることになります。

 

業者選びのポイント | 仕組みがわかれば選び方も簡単♪

簡単に業者選びができて喜ぶ女性

クレジットカード現金化は流れをご覧いただいて分かるように本当に簡単に現金を手にできる金策です。ですがそれは業者が優良業者という前提なので業者選びはとても重要になります。不当に手数料を差し引く悪質な業者も存在している以上ここが現金化を成功させるかどうかの一番重要と言っても過言ではありません。

 

悪質な業者を選ばないことはもちろんなのですが利用する方が何を優先するのか、ニーズに合った業者選びをすることがとても大事です。10社あれば10社の取引内容はそれぞれ違います。今日中に現金が必要なのか、3日待てるのか、安全第一に取引を行いたいのか、換金率を最重視したいのかそれぞれ利用する側にも条件があるはずで、すべてを満たせられる業者があればそれにこしたことはありませんが全部の条件にあう業者を探すことはかなり難しいと思われます。最優先する条件を決めて業者を探すほうが良い取引ができる確率がグッと増します。
そこで優先する条件として

  • 換金率
  • 入金スピード
  • 個人情報提出量

の3点が挙げられます。換金率は最も大事な条件であり重要と思う方が一番多い部分ではないでしょうか。入金スピードもクレジットカード現金化の最大の特徴であり急な出費に対応するなら重要とされる条件です。そして個人情報の提出量ですが業者によっては本人確認と称して提示するモノが変わってきますが安全面を考えるとアレもコレも言われるがまま提出してしまうと思いもよらないトラブルに巻き込まれる危険性があります。

換金率

換金率

換金率は現金化における最も気になる項目と言えます。換金率が高ければその分手元に来る現金が増えますし、低ければそれだけ現金が減ってしまいます。換金率の設定は業者によってことなり低い所では70%以下、高いところで90%前後となります。この開きは取引内容、手数料等引かれたりして変わってきます。現金化業者も手数料など何かしら利用者からいただかないと運営できません。ある程度は手数料は覚悟しましょう。また利用者の条件(利用金額など)によっても前後しますので優良店の相場を参考にしてみるとハズレはなさそうです。だいたい85%前後で取引できれば良いのではないでしょうか。

 

 

入金スピード

入金スピード

入金スピードは最短で5分で完了する業者もありますが初めての申し込みですと本人確認など手続きに時間が多少かかるため30~40分で完了する業者であれば優良店と言えるでしょう。必ず振込までどのくらい掛かるか確認することをオススメします。また振込に関して即日プランやスピードプランなど希望する振込日に応じて換金率など条件が変わってくるので確認が必要です。現金が必要な日にちまで日数に余裕があったとしても本当に振込まれるのか不安になるのは皆一緒だと思います。なので振込まではできるならなるべく早いほうが良いと思います。数日かかってしまう業者は利用を控えたほうが良いかもしれません。もちろんプランによって換金率が変わってきますので数日かかっても換金率を高くしたいのであれば入金日を遅らせるほうが良い場合もあるかと思います。その時の状況に合わせたプランを選択するとより多くの現金が手元に来ることになります。

個人情報提出量

個人情報

最後に個人情報についてですがクレジットカード現金化のサービスを利用するには必ず本人確認が必要となりますので身分証の提示は必須となります。身分証を提示したくないという方は残念ながら現金化ではない方法で金策を考えたほうが良さそうです。次に業者によってはクレジットカードの名義確認としてクレジットカードの画像を送らせることがありますがここに注目していただきたいです。一般的にクレジットカードはカード番号と有効期限、名義人が分かれば誰でも決済ができてしまいます。したがって第三者にカード情報を教えることは大変危険なことになりますので決して教えてはいけません。ですが業者によっては不正利用防止の為に申し込みをした人のクレジットカードを利用するのか確認を取るので画像を送るように言われることがあります。ここで注意していただきたいのが名義の部分だけわかれば良いのでカード番号と有効期限を伝えなくても良いか確認をしていただきたいということです。もし表面と裏面を要求されたら余程信用できない限りは応じない方がリスク回避になると言えます。

 

>>クレジットカード現金化比較|30社から厳選6社を体験レポート TOPページに戻る

最終更新日:2017/10/12

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

クレジットカード現金化の大事な4つの注意点
クレジットカード現金化をする時に必ず知っておきたいことが4つあります。初めて現金化を行うときには必ず役に立つ注意点を4つわかりやすくまとめてみました。
こんな人が利用してます|クレジットカード現金化のニーズ
クレジットカード現金化を利用する方々は一昔前はどこにもお金を借りれない人が非常に多かったですが、近年ではその傾向が少しづつ変化してきています。現金化が昔より手軽で便利になったことや…
こんな時に使われる現金化のタイミング5選
クレジットカード現金化を利用するときはどんなときなのでしょうか?ここではクレジット現金化のタイミング5選として皆さんがどのようにクレジット現金化を利用しているのかまとめました。
優良店の選択の仕方はサイトの見た目ではない
現金化優良店の選択の仕方はサイトの見た目ではありません。現金化の優良店選びは公式ホームを見ただけで決めないでください。
現金化の振込までの流れ
現金化を初めて行う人のための流れと振込までについてご紹介致します。
現金化の住所は実在しない架空である可能性大
現金化の住所は実在しない架空である可能性大です。ご利用の現金化業者の所在地は存在しているのか認識しましょう。
クレジットカード現金化できない…断られた?-業者が契約したがらない人とは
クレジットカード現金化は誰でもできる便利な金策です。しかしクレジットカードの現金化サービスを行う業者に申し込みを断られてしまう人も中にはいるようです。業者も商売ですから間口は広いはずなのになぜ…??普通の問い合せなら問題ないのですが面倒くさい事ばかり言っていたりすると現金化業者から契約を断られる事もあります。クレジットカード現金化を確実にしたい人は断られないためにも必見です。
クレジットカードの現金化以外に金策方法は色々ある
クレジットカード現金化の他金も金策方法はあります。本当に今必要なのかよく考えてから現金化の利用を検討したほうがよいでしょう。
深夜の申込で即振込は難しい:知っておきたい現金化の知識
ネットバンクを持っていると24時間対応で振込もしてもらえて便利なクレジットカード現金化ですがすぐに振り込まれないこともあります。どんな場合に即日現金化できないのか解説致します。
カードでお金を手に入れる方法は違法!?
現金化初心者ガイドです。クレジットカード現金化が初めての方の講座解説をさせていただきます。