クレジットカード現金化は違法なのか

MENU

クレジットカード現金化で逮捕?利用者の違法性は

違法性の是非

クレジットカード現金化にまつわる違法性はさまざまな見解があり、過去においては逮捕者も出ています。ですが利用者が逮捕された実例はなく逮捕されたのはすべてが業者です。その内容は商品売買の取引を偽装した高金利な貸付を行ったとして出資法違反で摘発されたというものです。販売していたものは原価が数百円であったこと、その販売価格が数十万円であったこと、商品の発送または受取が行われていなかったことなどが理由でした。しかし、業者のみが違法で利用者は全くもって関係ないのでしょうか?利用者の逮捕が実例としてないだけで違法とみなせるということも覚えておきましょう。ではどの部分で利用者が違法とみなされるのでしょうか、いくつかまとめてみました。

利用者が違法とみなされる理由その1 横領行為にあたる

クレジットカードで商品を購入した際、代金を支払い終えるまで所有権はクレジットカード会社のものとなります。代金を払い終えないまま転売すると「横領罪」に該当する可能性があります。

利用者が違法とみなされる理由その2 詐欺行為にあたる

クレジットカードの本来の目的は商品購入で現金化を目的とした場合カード会社からお金を詐取しているとみなされ「詐欺罪」に該当する可能性があります。

 


利用者で逮捕者が出ないのは

違法性の是非をかたる元現金な業者

違法とみなせるが逮捕者も出ていないのはクレジットカード現金化したという事実が証明しづらいことが大きな理由のひとつです。しかも利用する側にはそういった意識がある方は多くありません。ですからサービスを提供する業者も増えていますし、利用する人も増加の一途を辿っているのです。たとえばカード会社から使用用途など問われたときも購入目的を自分の欲しい物を買ったと答えればそれ以上追求されることはないでしょう。クレジットカード現金化を目的とした使用法を証明するには大変困難なのです。確かに違法とみなせることはあるかもしれませんがそれを自ら明言する人もいないでしょうし、現状ではクレジットカード現金化の明確な法律があるわけではないので逮捕された実例がないと言えるでしょう。

 

 


法律上違法ではないが利用規約では禁止されている

利用規約では禁止されていることに驚く女性

利用者の多くが現金化したあと分割払いやリボ払いに変更して返済していこうと考えます。カード会社からすればクレジットカード現金化をする人はいくつか債務を抱えてることが少なくありません。そのような状況の人は債務を抱えていない人に比べると利用代金の回収ができなくなるリスクを抱えます。ですからカード会社は回収できなるリスクを回避するためにクレジットカード現金化を利用規約で禁止しているのです。すべてのカード会社はクレジットカード現金化を利用規約にて禁止しています。もしクレジットカード現金化が発覚した場合、利用停止退会処分利用額の一括請求と厳しい対応となります。利用停止にならないためにもしっかりとした知識を身に着けましょう。

 

>>クレジットカード現金化比較|30社から厳選6社を体験レポート TOPページに戻る

 


最終更新日:2017/10/12

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

他人名義のカードでも現金化はできる?
クレジットカード現金化は他人名義では微妙です。他人名義の物を使っての現金化は不正利用に繋がる為微妙でしょう。
現金化は多少なりともリスクを伴うサービス
クレジットカード現金化をしてお金は欲しいけどリスクがあるのかどうかというこを解説いたします。
nicosカードで簡単に現金化!キャッシングがダメでもお金を手に入れる方法
NICOSカードで簡単に現金化する方法をご紹介します。キャッシングが無理なときでもショッピング枠さえあれば問題なくお金を手に入れられることをご存知でしたか?初めてでもNICOSカードを簡単に現金化する方法を見ていきましょう。
悪質現金化業者と契約しない方法
クレジットカード現金化の悪質サイトと契約しない為の見極め方をお教えいたします。悪質サイトとの取引は何が何でも避けてください。
口コミ・掲示板などに惑わされるな
カード現金化の口コミは騙されてはいけません。2ch等の自作自演の口コミばかりですが、中には本物の口コミもあります。そこでこのページでは信憑性の高い口コミを見極めるためにコツをお教えします。
クレジットカード現金化の換金率と実質換金率
ネット広告にある換金率の仕組みと実際に業者が定める換金率について
キャッシュバック方式の販売商品について
クレジットカード現金化を使うのであればキャッシュバック特典付の商品を購入しなければいけません。 では、どんな商品なのかを解説いたします。
自分でも現金化はできるがリスク大
クレジットカード現金化業者と契約しなくても個人で出来るクレジットの現金化が出来る方法をいくつかお教えいたします。
クレジットカード現金化はポイントも貯まる
クレジットカードはポイント機能が付いているものがほとんどですがキャッシングではつかないポイントがショッピングでは貯まりますのでクレジットカード現金化も例外ではありません。
現金化は債務整理ができない
クレジットカード現金化は債務整理ができません。クレジットカード現金化は、免責不許可事由に当てはめるからです。
過去に現金化業者が逮捕された事例
全国で数件クレジット現金化業者が逮捕されました。その事について詳しく解説します・
クレジットカード現金化の換金率相場から優良店を見極める!
現金化業者を利用するとき気になる換金率。どこの業者を利用するのがより高い条件で現金化ができるのかとても気になるところ…じつは換金率って相場を知っていれば損か得か分かるんです。これから現金化をする人は必見!現金化の換金率の相場についてお話いたします。
思わぬ落とし穴!カード現金化の罠
クレジットカード現金化の罠はいくつもあり、利用者を陥れる悪徳業者の存在があります。クレジットカード現金化の罠には気をつけてください。
”カード利用停止?”知っておくべき4つのこと
クレジットカード現金化で利用停止にならないための方法をまとめて簡単にお教えします。初心者にも分かりやすいやってはいけない4つのこと。これを守れば安心してクレジットカード現金化が可能です。
現金化目的はカード会社の利用規約違反
クレジットカード現金化は規約違反になることは確かですが、カード会社にさえ使用目的が知られなければ大丈夫です。
クレジットカード現金化の比較は設定された換金率だけ見れば良いわけじゃない
クレジットカードの現金化比較は設定された換金率だけで行うと意外に損をしてしまいます。換金率だけの比較は危険です。このページでは比較に関する項目を紹介していきます。
サービスを利用後返品は可能なのか
クレジットカード現金化にはいくつもの方法があります。クレジットカードで購入した商品を返品すれば現金として戻ってきます。
現金化に関する違法性
クレジットカード現金化の違法性については線引が非常に困難です。グレーゾーンと言われている所以は違法とも合法とも解釈できる点が挙げられます。より安全に現金化するためには違法性とされる手口について理解を深める必要があります。
優良店会社を見極めるコツとは
クレジットカード現金化の優良サイトと契約する為の見極め方をお教えいたします。ネット書かれている情報よりも参考になる情報とは。
現金化にかかる手数料のカラクリ
クレジットカード現金化では各店舗によって手数料がかかりますが、なぜ店舗によってかかる料金が違うのか解説いたします。
クレジットカード現金化はヤミ金なの?
クレジットカード現金化と闇金融は同じ種類なのか疑問に持たれている方が多いので違いを解説いたします。
現金化は携帯の通話料引き落としでもできる
現金化はクレジットカードがないとできないと思われがちですがなんと携帯のキャリア決済を使うことでクレジットカードなしでできます。携帯電話での現金化の極意をお教えします。
個人情報はどこまで伝えれば利用ができる
できることなら個人情報はあまり伝えたくはないと思われますが、クレジットカード現金化では最低限の個人情報が必要になります。
土日、祝日でも現金化はできるのか
土日、祝日こそ急な出費が発生することが多いと思いますが、休日に現金化を行うさいに知っておきたいさまざまなことをまとめました。
札幌へ行かなくてもできるクレジットカード現金化
全国どこでも利用可能なクレジットカード現金化はもちろん札幌でも利用できます。
新幹線の回数券は…
換金性の高い商品として使える新幹線の回数券ですが利用停止の可能性が大きい事をご存知でしたか?新幹線の回数券の購入は危険がたくさんあります。
電子マネーを現金化する方法
近年、電子マネーの種類は増加する一方であまり知らないような者もたくさんあります。有名な電子マネーといえばおなじみsuicaですが、これも現金化で来てシまします。電子マネーを現金化する方法は種類もたくさんあることからたくさんありますが、最も簡単に現金化するならこの方法が良いのではないのでしょうか?